究極のインプラント治療All on 4
インプラント寿命
口腔内スキャナーで快適診療
当院のインプラント治療の姿勢
当院におけるインプラント治療の流れ
当院のインプラント治療におけるQ&A
料金表
クリニックのご案内
ブリーティングのお話
歯科用金属のお話
デジタル技工

歯科医の皆様へ

トップページ

ブリーチングのお話

 ブリーチング(漂白・ホワイトニング)とは歯を削らずに、薬剤の作用で歯を白くする方法のことです。使用する薬剤は過酸化水素といい、キッチンハイターなどの漂白剤の成分と同じです。(でも決してキッチンキッチンハイターで歯を漂白しないで下さい。とんでもない目に合いますよ。

 最近話題のブリーチングには大きく分けてオフィスブリーチングとホームブリーチングの2種類があります。

オフィス
ブリーチング
文字通りオフィス、すなわち診療室のチェア上で行う。比較的濃度の高い過酸化水素(30〜35%)を含む薬剤を歯面に塗布し、強い光を当てた り、レーザーを照射して化学反応を促進する。
ホーム
ブリーチング
家庭で自分でする方法。オフィスに比べて作用の弱い過酸化尿素(10〜15%、溶けて3%の過酸化水素になる)を含むジェルをマウスガードに流し込んで、一定時間装着する。

 両方とも歯を白くする効果がありますが、「得られる白さがまったく違う」ということを知るべきでしょう。 オフィスは一日で歯を白くできますが、歯の表面だけで反応を起こしているのでムラがあり、透明感に欠けることがあります。 また早く白くできる反面、後戻りも早いです。 特殊な機器を使って光やレーザーを照射するため、治療費が高額となり、何十万も払ったのに思うように白くならなかったという苦情も少なくないようです。


≪症例1≫

治療前


治療後
ホームブリーチング3週間後メタルボンドをエンプレスで再治療

≪症例2≫

治療前(20才男性)


治療後
ホームブリーチング3週間後(費用14,500円)

 一方、ホームでは薬剤の作用がマイルドなため効果が現れるのに少なくとも1週間は必要です。 マウスガードを長時間装着しなければいけないので面倒ですが、1ヶ月程度使用するとムラのない透明感のある美しい白さが得られます。 そして短期間での後戻りも少ないのです。 費用もマウスガードを作るだけなので2〜3万ですむはずです。

 

 私は基本的にはホームブリーチングだけを勧めていますが、テトラサイクリン系抗生剤による変色歯など着色の強い場合はホームとオフィスを組み合わせて効果を上げています。 このような場合は2ヶ月以上ホームを続ける必要があります。 まあ美しくなるためにはお金を出せばいいというだけでなく、努力が必要ということです。

 現在の日本ではホームでは「ハイライト」、オフィスでは「ナイトホワイト」という薬剤が認可されているだけです。 これらはすでにアメリカでは時代遅れとなっているので、良いブリーチング剤を手に入れるためには歯科医の個人輸入に頼らなければならない現状です。 アメリカではホームブリーチングは美容と見なされ、ドラッグストアーで売られているのとはずいぶん差があります。 でもブリーチングは歯を削らずにすみ、たいした副作用もなく、費用もそれほど高くないので歯を美しく白くしたい方は試して見て下さい。

当院では米国製のニュプロゴールドという15%の過酸化尿素入りのホームブリーチング剤を使用しています。 一週間の使用でかなり白くなりますが、後戻りがあるため一ヶ月の使用をお勧めします。

  料金は一ヶ月間で2万円(消費税別)です。

 

 

ページトップへ戻る